SHOKUKANKEN.Blog
食環境衛生研究所 の従業員が書き込むブログです

(株)食環境衛生研究所のブログです。
by shokukantaro
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 06月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
フォロー中のブログ
口蹄疫の渦中である地元獣医師の悲痛な叫び
やっと全国的に報道されてきましたが、地元の現状をお知らせします。一番被害の多い川南町は私の地元です。今日からワクチン接種後の殺処分が始まりましたが、これは苦渋の決断です。今の方法によるウイルスの封じ込めでは、全然間に合いません。今でも毎日10ヶ所くらいのペースで隣市町村にまで拡大してます。このままでは、九州全体にまで広がる恐れがあります。すべては殺処分の遅れが原因です。埋設場所の確保ができないからです。牛の症状は比較的軽く、風邪とあまり変わりません。2,3日くらいで回復し、食欲も出てきます。最初に報告した獣医師は実際、ある程度、治療をこころみています。しかし、うつるようなのと、口の中の水ほうを見て、初めて口蹄疫を疑ったそうです。水牛では単なる下痢だったそうです。ただ、豚の場合は酷く、哺乳豚は2,3日で死亡します。母豚は朝方口唇に水ほうを見つければ、夜には蹄まで広がります。現在は生産者が見つけて、家保に直接、電話連絡してます。口蹄疫と確認された農家は7日間は自宅待機です。また、同じ部落内の農協職員や畜産関係の職員も7日間、自宅待機となります。地元の獣医師は全く動けません。農家に行けないので、往診による診療、牛、豚の予防注射、狂犬病の集合注射はすべて中止です。知事の非常事態宣言(法的ではない)以降は、県下の各種イベント、部活、剣道の稽古も中止、図書館等の公共施設は閉鎖しています。暇なので、本を読もうにも、借りられません。郡には、40人近くの獣医師が牛、豚に関わっていましたが、今後、仕事がなくなりました。農家には支援措置がありますが、薬屋、餌屋、配送業者、建設、土木業者、授精師、畜連、居酒屋や料理屋、養豚会社の社員、農場の従業員、共済組合や我々個人開業獣医師等の関連業界は、壊滅的な大打撃です。昨夜、友達と居酒屋に行きましたが、普通は、予約が必要なお店ですが、閑散としていました。ワクチン接種は家保と国からの派遣獣医師がおこなうみたいです。郡の獣医師会では、一応要員は確保してますが、まだ要請はないようです。一口に10キロ圏内の全頭殺処分、20キロ圏内の全頭の早期と殺といっても並大抵では、ありません。埋める場所、屠畜場の冷凍庫の問題、と殺後の汚物の処理、人員の確保など、課題は山積しています。川南は日本でも有数の畜産の町でした。ここから、1頭も牛、豚がいなくなるなど、信じられません。 5月22日付
ワクチンは豚に限って23日に地元の獣医師に要請があり、今日までに終わりました。国からの派遣獣医師は直接、畜産にかかわっていない方々みたいで、地元の農家ら苦情が出ました。あと、ワクチンに同意しない農家と、2週令以下の哺乳豚が残っています。殺処分は家保の獣医師とボランティアの方々です。しかし、あと20万頭近くが、未処分です。 5月25日付
昨夜の居酒屋は私一人でした。通りでは誰もみかけなかったです。風評被害がでています。具体的に聞きました。川南の野菜農家が他町に持っていったら、帰れと言われた。マンゴウ農家は仲買人から買いたたかれた。川南漁港で水揚げされた魚介類はいらないと言われた等です。 殺処分された農家だけには見舞金はわたったそうですが、まだ、補償金は全然未決定です。 5月26日付


食品検査食品分析残留農薬残留抗生物質|殺菌試験
レジオネラ菌検査ノロウイルス検査食品アレルギー・アレルゲン検査

株式会社食環境衛生研究所
[PR]
by shokukantaro | 2010-05-29 12:52 | 職員の何でも日記 | Comments(0)
<< 肉牛用の去勢ワクチン カミナリ >>