SHOKUKANKEN.Blog
食環境衛生研究所 の従業員が書き込むブログです

(株)食環境衛生研究所のブログです。
by shokukantaro
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 06月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
フォロー中のブログ
“生きる”について
おはようございます。所長です。
今日は少し重いテーマで恐縮ですが、生きるについて考えたいと思います。
このごろ特に“生”について考えさせられることが多く起こりました。
私を大事にしてくれたお客さんの事故死、結婚を控えていたお客さんの死、家族と仲良くさせて戴いているお客さんの奥さまの重度のうつ病・・・。
私自身も母、父を早くに亡くしています。『人間生まれてくれば必ず死が来るのよ』と小学校の低学年で死を意識して眠れなかったときに母が枕元で言ってくれた言葉が今私の脳裏に連呼しています。

重度のうつ病の奥様をちゃんと向き合って献身的に看護して頑張っている旦那さんと娘さんがいます。その人は私が伺ってもいつも笑顔で仕事も頑張っています。その人は私にこう言いました。『今妻が一番つらい時期だと思う。いまさらかもしれないが、妻と結婚したありがたさや大切さが解り、子供のように感情をむき出しにしてしまう妻への感謝と愛情で頑張れます。今が“一番生きている”という事なのかもしれない』と。

先日突然の事故で亡くなった大切な人へ最後の挨拶へ行きました。通夜で息子さんと奥様に挨拶して御焼香をさせて戴きました。遺影の中にはとっても温かく、私に熱く仕事の情熱を語ってくれた社長の笑顔が写っていました。私は息子さんにこれからは亡くなった人の分も笑顔で生き、親父さんが残してくれた仕事の情熱や意思を紡いでいきましょう。亡くなった人は残った人が安心して笑顔でいられることを一番望んでいると思います。と伝えました。

生きる意味は壮大なテーマでだれも答えを持ってはいないと思いますが、私は1つだけ大切なことがあると思っています。<人は必ず1人では生きてはいけません。>必ず孤独に感じても自分を助けてくれている人が存在しています。それは、ごく当り前の出来事で普段は気がつかないレベルで生活の中に溶け込んでいると思います。(家族、友人、会社仲間、お客さん、恩師など)
結構落ち込む時や孤独に悩む時もあるけれど、ごく当たり前のように感じている、挨拶や気配り、コーヒーをいれてくれたり、食事を作ってくれたり、洗濯をしてくれたり、仕事を一緒にやってくれたりなどへの感謝を忘れずに行きたいと思っています。
[PR]
by shokukantaro | 2010-10-09 07:42 | 職員の何でも日記 | Comments(0)
<< ブルーベリー酒 舌に牙のある魚 >>