SHOKUKANKEN.Blog
食環境衛生研究所 の従業員が書き込むブログです

(株)食環境衛生研究所のブログです。
by shokukantaro
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 06月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
フォロー中のブログ
トランス脂肪酸
日本ではまだ規制がありませんが、有害性が認められており消費者庁から情報開示に関する指針案も発表され、トランス脂肪酸に対する関心がますます高まっています。
弊社ではトランス脂肪酸を分析しておりますが、さらに詳細な分析をするためにGCMSでの分析の準備を進めています。
トランス脂肪酸と書くとそれが一つの物質の様に思われるかもしれませんが、脂質には多数の種類があるためにそのトランス体も多数存在します。
GCを使用する事により各々のトランス脂肪酸が感度よく個別に分析することが出来ます。

その検討の中でマーガリンとバターの何種類かのトランス脂肪酸を分析してみました
サンプルは某コンビニエスストアで購入。
結果は
マーガリン
trans-6-オクタデセン酸 100g中38mg
エライジン酸  100g中80mg
バクセン酸  100g中15mg
バター
trans-6-オクタデセン酸 100g中144mg
エライジン酸  100g中150mg
バクセン酸  100g中794mg
以上の様になりました。

予想に反してマーガリンの含有量が低い結果となりました。
一般的には水素添加をして作られるマーガリンの方が含有量は高そうなイメージでしたが、最近ではトランス脂肪酸低減に向けた対策を取っている食品会社も多い事から、そういった対策のとられたマーガリンだったのでしょうか。
(3種類のみの分析のため、これでトランス脂肪酸全てが少ないとは言い切れませんが。)
調べて見ると農林水産庁が公表しているトランス脂肪酸含有量の中のマーガリンの結果では20サンプルで100g中0.94~13%と含有量の差が大きいようです。
→農林水産省「食品に含まれる総脂肪酸とトランス脂肪酸の含有量」へのリンク

更に購入したコンビニエンスストアチェーンではトランス脂肪酸の低減に力を入れているとの記事もあった事から含有量が低かった事の説明になりそうです。
現在はトランス脂肪酸の表示義務が無いことから含有量が少ない商品を選択的に買うことが難しいために、早く表示化になって欲しいと感じた今日この頃でした。
長くなってしまいましたのでバターについての解析はまた後日に。
[PR]
by shokukantaro | 2011-10-19 17:51 | 職員の何でも日記 | Comments(0)
<< ヒスタミン食中毒とは? 赤城山の紅葉 >>