SHOKUKANKEN.Blog
食環境衛生研究所 の従業員が書き込むブログです

(株)食環境衛生研究所のブログです。
by shokukantaro
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 06月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
フォロー中のブログ
顔面偏差値的な制約で恋人ができません
風邪のひき始めはいつも喉からのF子ですこんばんは
湿度が低いせいなのか喉が痛いです そろそろ加湿器の出番…!

最近上司の畜産コンサルティングに同行させて頂く事がよくあります
農場内を回らせて頂いて採血をし その後前回の採血の検査結果等を見ながら畜産コンサルティングを行います
畜産コンサルティングでは単に検査結果を説明するだけではなく 例えばある病気の感染により抗体価が高かった場合にどのようなワクチネーションプログラムを組んでいるのか・洗浄消毒はいつどのようにしたのかを農場の方に訪ね その病気の抗体価が高くなった原因を探ります
しかし原因が例えばワクチン接種するタイミングの問題であったとして「じゃあタイミング変えましょう」でその農場がタイミングを変えられる状況であればいいのですが 時間的な制約等でそのタイミングでしかワクチン接種できないという状況の農場もあります
その時には更に深く話を伺い 農場の都合等を考慮しながら一番良い解決策を農場の方と見つけていきます
「説明して終わり」でも「説明して原因探って終わり」でもないのです 「説明して原因探ってベストな解決策を見つけて終わり」なのです
それが畜産コンサルティングであります
と…書くのは簡単ですが 実際は色々な制約を考慮しながら策を考えるのはとても骨の折れる作業です
F子にはそんな真似はできません…いつか真似できるようになりたいと思いつつ。

先日 畜産コンサルティングでとある養豚農場に伺った際に豚の人工授精の話になり 豚の人工授精について前々から知りたかったF子は農場の方に食いついて
そこで色んなタイプの人工授精器を見せて頂き 更には実際に人工授精器を一つ使わせて頂く事が出来ました(そして持ち帰りました)
e0050579_21454875.jpg
これが人工授精器 左側のボトルを強く握ると右側の白い部分が子宮内で広がります
農場の方によると この人工授精器は非常に使いやすくて着床もし易いとの事ですがその代わりか値が張るそうで 普段はもう少し値段の安い人工授精器を使っていらっしゃるのだそうです
(「値段の分は技術でカバーするんだ」とおっしゃっていてかっこ良かったです)
e0050579_21521199.jpg
よろしければ別角度からもどうぞ ボトルの部分には予め採取した精液を入れます

畜産コンサルティングで面白いと感じるのは こういったお話が聞けた時 です

畜産 | 豚病気 | 鶏病気 | 牛病気 | 飼料分析 | 肥料分析
株式会社食環境衛生研究所
[PR]
by shokukantaro | 2011-10-28 21:59 | 職員の何でも日記 | Comments(0)
<< 細菌検査って 原発マネー >>