SHOKUKANKEN.Blog
食環境衛生研究所 の従業員が書き込むブログです

(株)食環境衛生研究所のブログです。
by shokukantaro
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 06月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
フォロー中のブログ
太陽光発電
産業用太陽光発電所工事中

食環研は太陽光発電を行います。  
<屋根の青い塗料は遮熱塗料/管理棟>
e0050579_13361160.jpg
 東電の原発事故以来、電気の供給が不足し、電気料金も値上がりするであろうことが推察されています。
弊社は、昨年の計画停電期間中、まったくと言っていいほど会社が機能しませんでした。それも、この地区では毎日2時間は普通に停電が起こりましたし、1日2回、4時間の停電にも見舞われましたことがありました。これを教訓に自家発電機の導入を決めましたが、これですべてが解決したとは思っておりません。
今回の事故が起こったことにより、改めて会社設立目的を考えさせられましたし、これからの弊社の立ち位置が明確になってきたと考えています。
血気盛んだった会社設立当時には戻れませんが、環境をテーマに何ができるかを考えていきたいと思います。
<プラグインプリウス>活動中
e0050579_1338239.jpg



 食環研は、二酸化炭素排出量を減少させるために何ができるかを考え、実施し続ける企業でありたい。
原発事故による環境汚染、地球温暖化対策と早急に対応しなければならない問題が山積みになっています。また、昨年のような停電が何時、起きるかもしれません。
食環研は、原発の再稼働、電力不足、二酸化炭素削減等に少しでも協力できるよう努力していきます。そして、エコな社会を構築できる環境を整えたいと考えています。
<本社、研究検査棟>
e0050579_13543598.jpg


 具体的には、太陽光発電だけでなく、事業所内の電灯をLED化し、冷房温度をいつもの設定よりも1℃高く上げ、暖房温度をいつもの設定よりも1℃低く設定することによって、CO2削減(温室効果ガスの削減)に貢献します。使用していない理化学機器のスイッチを切ることによって待機電力を削減し、1日中つけっぱなしにしている電灯のスイッチを切ることによって使用電力を少なくします。社用車を電気自動車やハイブリッド化し、アイドリングストップの励行などによって二酸化炭素削減に努めます。
弊社ができる対策は、小さなことです。でも、同じように考える人が増えれば増えるほど、排出量は減少していきます。ですから、もっと地球温暖化や環境破壊といったことに、関心が持てるように、積極的に活動をしていきたいと思います。
[PR]
by shokukantaro | 2012-03-26 13:51 | 職員の何でも日記 | Comments(0)
<< 赤城山の霧氷 アグリビジネス部門初投稿 >>