SHOKUKANKEN.Blog
食環境衛生研究所 の従業員が書き込むブログです

(株)食環境衛生研究所のブログです。
by shokukantaro
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 06月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
フォロー中のブログ
<   2011年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧
殺菌試験・除菌試験
先日ズボンに穴が開いているのに気付かずそのまま出社したF子ですこんばんは
こんな漫画のような出来事って実際にあるんですね
どうせなら「空から女の子が降ってくる」とかそういう方面で漫画のような出来事が起こって欲しかったです

さて 弊社で殺ウィルス試験・ウィルス不活性化試験を受託させて頂いているのは先日のブログ記事でお伝えした通りですが 更に殺菌(除菌)試験も受託させて頂いております
菌…といって皆さんもよくご存じの菌の中で パッと思いつくだけでサルモネラ・大腸菌・黄色ブドウ球菌等々挙げればキリがない程ありますよね
大腸菌の中では食中毒の原因となる病原性大腸菌のO157やO111等が テレビなどで大きく報道されたのは記憶に新しいと思います

そんな中 弊社では 殺菌試験(除菌試験)を受託させて頂いているのは前述の通りですが 試験可能な菌をいくつかピックアップしてみると…
・レジオネラ
・大腸菌
・大腸菌O157
・サルモネラ
・緑膿菌
・セレウス菌
...etc
ざっと挙げただけでも 上に挙げたような殺菌試験(除菌試験)が可能です

とは言っても言葉を並べてもピンとこない方も沢山いらっしゃると思いますので どのように効果を判定するのか参考に写真をご覧下さい 下の写真は大腸菌の殺菌試験を行った際のものです

これは対照試験として滅菌生理食塩水に大腸菌を混ぜたものです
e0050579_20132785.jpg
全体的に紫色になっているのが分かるでしょうか?

これはある薬剤に大腸菌を混ぜて培地に塗り広げたものです
e0050579_201428.jpg
効き目はあるようですがまだ多少菌が残っています

これもある薬剤に大腸菌を混ぜたものを培地に塗り広げました
e0050579_20141613.jpg
見事に菌が生えていないので殺菌効果(除菌効果)があるようです!

菌の種類やどんな物の殺菌効果を立証するのかや何を以って効果があるというのか等によって試験方法は様々です
弊社担当者が依頼者様と綿密な打ち合わせをして一番良い試験方法を見付け 実施させて頂きます
電話やWEBでお気軽にお問い合わせ下さい
[PR]
by shokukantaro | 2011-11-30 19:40 | 食品衛生 | Comments(0)
レジオネラ菌肺炎について
レジオネラ肺炎と診断された60代男性が、今月6日に病院にて死亡したというニュースがありました。男性は、先月18日に群馬県みなかみ町の温泉旅館で一泊したが、26日に発熱やせきが発症し、28日に大阪府内の病院に入院していました。同25日に群馬県は、公衆浴場で定められた国の指針の1800倍のレジオネラ菌が検出されたことを発表しました。死因との関係は不明とのことです。レジオネラ肺炎とは、近年、リゾート施設や公衆浴場などで集団発生が相次ぎ注目されている肺炎です。始まりは、1976年、米国フィラデルフィアで開催された軍人会総会で原因不明の肺炎が集団発生し多数が死亡し、その後の検査で過去に知られていなかった細菌が発見され、軍人会の名前を取ってレジオネラ菌が名づけられました。調査を続けた結果、土譲や人工環境水中に存在することが分かっただけでなく、ビルの冷却塔や温泉水には高濃度存在していることが判明しました。症状としては、温泉水に入浴後から10日前後までに、まず高熱を発症します。その後、咳などの呼吸器症状。重症の場合は、精神症状を発する他、呼吸困難となってやがて死亡することもあります。行政指導が進んだことにより発生率は低下しているといわれていますが、食中毒同様に目に見えず、ごく身近に存在する菌であることには変わりなく、今後も人々を脅かす可能性は充分にあると思われます。

放射性物質分析食品検査残留農薬残留抗生物質
株式会社 食環境衛生研究所
[PR]
by shokukantaro | 2011-11-30 19:23 | 食品衛生 | Comments(0)
ヒスタミンのお話 その2
ヒスタミンの話 その2
ヒスタミンという物質は大量に摂取することによって食中毒を引き起こす場合と、免疫反応が特定の抗原に対して過剰に起こるアレルギー症状を引き起こす場合があります。今回はアレルギーのお話をしたいと思います。

アレルギーとは免疫反応が、特定の抗原に対して過剰に起こることを言います。免疫反応は、外来の異物(抗原)を排除するために働く、生体にとって不可欠な整理機能で、ヒスタミンが身体を守るため炎症反応を刺激することにより引き起こされます。

ヒスタミンは人間の身体の中では主に白血球の一種である、肥満細胞や好塩基性白血球(のどや鼻粘膜の上皮に多い)に蓄えられていますが、外傷や火傷、毒物、薬物、アレルギーの原因となる物質が体内に入ると活性化し、細胞から放出されます。放出されたヒスタミンは、体内各所にあるヒスタミン1型受容体(H1型受容体)という、タンパク質と結合し、鼻水、発赤・かゆみ・痛み・気管支収縮といったアレルギー症状が起こります。

H1型受容体とヒスタミンが結合しなければアレルギー症状は起きないため、ヒスタミンの代わりにH1型受容体ととくっついてアレルギー反応を起こさせない薬が開発されました。それが抗ヒスタミン剤なのです。

抗ヒスタミン剤を使用するとアレルギー反応は強く抑えられます。しかし、酷い眠気に襲われたり集中力がなくなります。それはヒスタミンが脳の中のH1型受容体につき人間を目覚めた状態にするのに重要な役割を果たしているのに、それを抗ヒスタミン剤が抑えてしまうので酷い眠気や集中力の低下が副作用としてあらわれたのです。
放射性物質分析食品検査残留農薬残留抗生物質
株式会社 食環境衛生研究所
[PR]
by shokukantaro | 2011-11-30 18:06 | 職員の何でも日記 | Comments(0)
悪名高い農薬:DDT
体験した人もかなり少なくなったとは思いますが、日本では終戦後、GHQの統治のもとで発疹チフス(シラミが媒介)の撲滅のため、身体に真っ白になるほど農薬(殺虫剤)をかけてまわられました。その農薬がDDTです。この時期に残留農薬検査を行えば、多くのものから検出されたと思われます。何せ日本中が白く覆われるほどまかれたのですから・・・。しかし、そのおかげで、かなりの規模で死者が出ると予想された発疹チフスの予防に成功したことから、当時のDDTは大変重要な存在であったことが解ります。そんな重要であったDDTも日本国内では1960年代後半から70年代前半に法的に禁止農薬となりました。最近になってDDTの名を耳にしたのは、橋本真也選手や天竜源一郎選手の決め技(プロレス技)くらいです。どうやら、このDDTは農薬のDDTに因んでいるそうです。
話は前後しますが、このDDTはミュラーという化学者によって発明されました。ミュラーはこの功績によりノーベル賞を受賞しています。日本で活躍したように、世界でもこのDDTはマラリア予防で活躍しています。安価で大量に製造できる面を活かし、アメリカでは森林保護を目的として大量に使用しました。地球規模では使用開始から30年の間に数百万トンもの量が散布されたというデータもあります。当然のことながら、これだけの量がまかれれば害が出ないはずがありません。それを引き合いに出した本が、瞬く間にベストセラーになり、先進国を中心に使用が禁止されました。
このDDTは、特徴として、極めて毒性の強いものではありません。現在、使用が認められている有機リン系殺虫剤には、DDTの毒性とほとんど同じものが存在します。効果の持続は長い農薬で、マラリアの予防には、そのことが功を成しているものと思われます。
先にも述べたように日本では、禁止農薬の一つですから、弊社で国産○○を残留農薬検査しても検出されたことはありません。(海外では使用されているので、外国産○○を残留農薬検査すれば検出される可能性もあります。)
DDTの悪名の高さから、とんでもなく毒性の強い農薬を想像する人も多いと思いますが、実は、その長所(安価、大量生産が可能、効果の持続が長い)から、大量にまいてしまったことが原因とであると思います。適切に使用していれば、これほどまでの悪名にはならなかったことでしょう。但し、環境分解性能は悪いので、使用の量に関わらず、禁止農薬になっていたとは思いますが・・・
[PR]
by shokukantaro | 2011-11-28 13:00 | 食品衛生 | Comments(0)
妙義山の紅葉は見頃です
今回は、妙義山の白雲山(左側)。
山頂はすっかり落葉していましたが、山腹の散策路はちょうど紅葉の見頃のようでした。
中之岳神社駐車場から出発します。
e0050579_2012546.jpg

金色の大黒天が光り輝いていました。
e0050579_2014698.jpg

中之岳神社は長い石段を登った上にあります。
e0050579_2021943.jpg

左は轟岩、右にまわっていくと第四石門につながる散策路になっています。

第四石門をくぐり大砲岩の分岐へ。大砲岩と反対側に向かう登山道があります。上級コースですが鷹返しコースより楽かと思い、こちらから白雲山に向かいます。(コース図にはザイルが必要と書いてありましたが・・一人なので準備しませんでした。すみません。)
落葉で道がわかりませんでしたがコンパスを頼りに登りました。残置されたロープを見つけて一安心。
e0050579_2024555.jpg

かなり岩登りの要素が濃いルートでした。
稜線にでるとさらに緊張感が増してきます。
下から見た通りの垂直アップダウンを繰り返し、鞍部は左右キレキレのナイフエッジ状。下りてきたピークを振り返るとよく無事だったと思います。
e0050579_2031958.jpg

基本的に休憩はピークの上でしかとれず、大人数ではゆっくりできなそうです。
山頂はおそらく祠があった所と思います。
すこし名残惜しいですが、中之岳神社へと下りました。
3時間ほどのショートコースでしたが非常に満足できるルートでした。
クライミングスキル5・10クラス(初級)の私には丁度良く、近所に住んでいたら毎週通いたいくらい楽しい山でした。なお、岩登りの経験が無い方は危険と思います。気軽にクライミングの体験ができる場所が、水上の道の駅「水紀行館」にあるので、このような場所で練習をしてからの方が楽しめると思います。


最後に中之岳神社から左にまいて轟岩へ。
e0050579_20410100.jpg

5分くらいで岩の上までいけますが、結局ここからの紅葉の眺めが一番良かったように思いました。紅葉した山腹との距離感がよく、360度の素晴らしい眺望がありました。
(小学校の遠足のような記憶しかありませんでしたが、気軽にアルペンクライミング気分を体験できる山だったとは!イワザキ)
[PR]
by shokukantaro | 2011-11-25 20:13 | 食環研登山部 | Comments(0)
久しぶりの習い事
少し前から、市のスペイン語講座に参加し始めましたF村です。習い事は久しぶりで結構楽しく通っています。

スペイン語の発音はアルファベットのカタカナ読みっぽいので、堂々と読めばちゃんと通じると思います。
それでは簡単なスペイン語講座をはじめさせていただきます。
おはよう・・・ブエノス ディアス
ありがとう・・・グラシアス
さよなら・・・アディオス
おいしい・・・リコ
パン・・・パン
農薬検査・・・エクサメン デ ペスティシーダス

ぜひ、機会を見つけて使ってみてください。
[PR]
by shokukantaro | 2011-11-25 18:44 | 職員の何でも日記 | Comments(0)
群馬食育フェスタin高崎
11月19日(土)に高崎市総合保健センターにて開催された食育フェスタにM尾氏と行ってみました001.gif
高崎市ホームページへリンク

食育のお祭りって小さいお祭りなのかなと思いきや盛大にやっており、かなり保健センターは賑わっていました。
e0050579_19195692.jpg

食と農 絆広がる 高崎の秋037.gif
e0050579_1921252.jpg

中では企業や県の食品安全課、群馬県内の大学や専門学校がそれぞれの食育に関するテーマでブースを出展していました。
食料自給率100%の食べ物を手探りで当てているM尾氏003.gif
e0050579_19265241.jpg

食料自給率や栄養バランスの話から食品検査に関するものまで本当に色々な出展があり、恥ずかしながら知らないことが沢山あり非常に勉強になりました056.gif
左の顕微鏡では黄色ブドウ球菌を見せていました。
e0050579_1932016.jpg

他にも、ノロウィルス等の話や手洗いについての話が有りました。
食育は自分が思った以上に関心が有る方が多く、県も力を入れているんだなと言うことを実感しました058.gif



そして帰りに野菜って大事だなーと考えつつもラーメンを食べて帰りました。
高崎の一合舎です
食べログへリンク

e0050579_19381864.jpg

頼んだのは一合舎(全部のせ)の豚骨醤油味でした。
コクが有るけどスッキリしていて都会的な味のするお洒落ラーメンでした。
やっぱり美味しいラーメンは最高ですね029.gif
[PR]
by shokukantaro | 2011-11-24 19:51 | 職員の何でも日記 | Comments(0)
残留農薬検査「料金」の秘密
弊社の残留農薬検査料金は現在、
一斉分析149項目を ¥31,500 からご提供しております。

この値段、高いと思います?安いと思います?

スーパーの特売記事を見て数十円単位の安さを求める主婦目線からいけば、
「3万円なんて高すぎる!!もっと安くならないの?」
という声が聞こえてきそうな気がしますが・・・
そもそも、この値段の内訳ってどうなっているのでしょう?
今回は残留農薬検査の価格についてご説明いたします。

農薬検査料金の内訳は簡単に以下の4つです

・ 検査に使う消耗品代
・ 分析機器の使用費
・ 人件費
・ 報告書などの諸経費+利益分

まず、検査に使う消耗品とは、例えばキャベツの農薬を計りたい場合、
もちろんそのままでは計ることができません。
「前処理」という操作が必要です。この前処理というのは、
固体のキャベツから農薬成分を抽出して、液体にして、
液体の中に入っている農薬以外の物質をできるだけ除いて、
分析機器に入れられる状態まですることです。
ここで大事なのは、「農薬以外の物質をできるだけ除く」という操作。
これを怠ると、分析機器が間違った結果を出したり、壊れたりしてしまいます。
この除去作業には、「固相カラム」というものを複数個、使い捨てで
使わねばならず、これが意外と高い消耗品になります。

続いて分析機器の使用費。
弊社の一斉分析149項目には、LC/MS/MS
(島津社製LC+AB sciex社製MS/MS )
という機器を使用しています。この一式の機器の値段が、
定価で約¥65,000,000と聞いています。
新築で家を建てても、おつりがくるくらいの値段ですね。
この高価な機器、細心の注意を払って使わねば、維持費も馬鹿になりません。
機器の異常でメンテナンスの人を呼ぶだけでも
数十万単位でお金がかかります。

後は、人件費。残留農薬検査にも公定法があるとはいえ、
誰にでもできる仕事ではありません
前処理にも機器の運用にも高度な技術・知識が必要な作業となります。
確かに、パートや派遣を使って人件費を減らし、
その分、低価格で出している競合他社もありますが、
どんな人物が担当で、本当に正確なデータが出ているのか、疑問です。
弊社でも香辛料や濃縮液の農薬分析等、
技術的に難しい局面があることは確かですが、
工学博士・環境計量士を筆頭に、分析に心得のある研究員が、
日々、知識・経験・情報の蓄積にて、正確なデータを出す努力をしております。

いかがでしょうか? 
値段の内訳を聞き、考えが変わった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

弊社研究員の一人としましても、新規分析法開発による作業の効率化など、
さらに価値あるサービスを提供する企業努力を続けていく次第でありますので、
残留農薬検査が必要でしたら、是非弊社へお問い合わせ下さい。


( Analyst 25 )


放射性物質分析 食品検査残留農薬残留抗生物質
株式会社 食環境衛生研究所
[PR]
by shokukantaro | 2011-11-23 17:46 | ラボラトリ | Comments(0)
PM2:00頃のこと
先日の日曜日、天気雨の中帰宅途中に赤城山にかかる虹を発見!!いつになく近くに見えて、手が届きそうでドキドキしました。
e0050579_22452356.jpg


もしかしたら行けるかも?と思い虹のたもとに向かってしばらく疾走してみましたが、なかなかたどりつけず、とうとう道が無くなったのでやっぱりあきらめて帰りました。
e0050579_22445780.jpg




虹の色は外側から赤、オレンジ、黄色、緑、青、紫の順でした。
見た人いますか?きれいでしたよね。
[PR]
by shokukantaro | 2011-11-23 06:32 | Comments(0)
妙義山登山 (その2)
前回の妙義山の紅葉写真before afterは、妙義神社からの白雲山でしたすみません。
こちらが稜線にでた東側の風景です。
e0050579_2094185.jpg

一緒に休憩していたベテラン登山者。
「3/12頃は雲が南から流れていた」とおっしゃっていました。
e0050579_20124238.jpg

稜線歩きは緊張の連続でした。
びびり岩という20mくらいの丸い岩を下から登ります。向こう側はとくに何もありません。さらに岩の北側は前日の雨で湿っていたので足が滑り、握力と設置された鎖だけが頼りでした。
e0050579_2013960.jpg

途中もこんな感じで緊張の連続です。しかし、慣れてくると空中散歩といった感じで楽しくなってきます。
e0050579_20132956.jpg

40m程のほぼ垂直の壁を懸垂下降ぎみに下ります。ハーネスなどは無いのでここも握力と鎖が頼りです。
e0050579_20134691.jpg

下りきると掌が赤くなっていて手袋(軍手は滑るので鎖には不向きです)を準備しなかったことが悔やまれました。しかし、ほぼ初心者の相棒は上達が早く、頼もしいばかりでした。お互い謙虚さを忘れずにがんばっていきましょう!


近頃の冷え込みで一気に紅葉が進みそうです。
白雲山(右側)の次は金洞山(左側)ですね。
放射線量測定にHORIBAのラディーを持ちだそうと企んでいるイワザキ)
[PR]
by shokukantaro | 2011-11-22 20:18 | 食環研登山部 | Comments(0)