SHOKUKANKEN.Blog
食環境衛生研究所 の従業員が書き込むブログです

(株)食環境衛生研究所のブログです。
by shokukantaro
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 06月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
フォロー中のブログ
<   2012年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
八方尾根から冬の唐松岳登山 (つづき)
2日目
今回は久々の雪上の天幕。シングルのゴアライトのみでは、かなり冷え込みましたが、ダウンとホッカイロのおかげで寝袋内は暑いくらいになり、飲んでいる間に凍ってゆく缶ビールも、豚タンと交互にかるく炙ってなかなか美味。サーモスにお湯を入れて湯たんぽを作り、いつの間にか熟睡。

そして、朝が来ました。

6:30ピストン行程ですが荷物は全て背負って出発。
モルゲンロートの白馬三山。
e0050579_203933.jpg

7:25風は少しありますが完璧な青空。前日までのトレースが風紋でかすかに残っていました。丸山をトラバースしていよいよ近づく唐松岳。冷たい風が吹きつけます。
e0050579_2033714.jpg

8:10唐松岳頂上山荘の手前で振返ると、眼下に街が小さく見えました。
e0050579_2041399.jpg

8:45唐松岳山頂(2696m)。立山、剣岳の眺望は最高です。
ここまで先行者はいませんでしたが、背負った荷物も安心感となり、難なく登頂できました。
e0050579_2044538.jpg

9:05下りながら見た唐松岳頂上山荘。ここで幕営は厳しそうです。
e0050579_205773.jpg

9:45往路ではトラバースした丸山ケルン。
e0050579_2053380.jpg

12:00八方尾根ゴンドラ。ひたすら歩き続けて無事帰還しました。
e0050579_2055437.jpg


最高でした。(イワザキ)
[PR]
by shokukantaro | 2012-11-29 20:10 | 食環研登山部 | Comments(0)
冬の唐松岳登山
1日目
8:00白馬八方尾根スキー場のゴンドラリフトで出発。

9:50八方池山荘手前のリフト下、今後の予定(無積雪期?)の鹿島槍ヶ岳と五竜岳。
e0050579_1856517.jpg


11:30唐松岳(左の奥の方)がようやく見えてきました。
e0050579_1857269.jpg

13:15森林限界を抜け、丸山に登り始めましたが、雪まじりの強風のため撤退。
e0050579_18581550.jpg


風の弱くなる辺まで戻ってテントを設営しました。
14:00とりあえず一安心のゴアライト(購入から20年近くになりますが現役)。
e0050579_18585075.jpg

夜半に風が弱まったのでシングルウォールでもなんとかなりましたが・・
寝ては食べて(飲んで)の繰返し、徐々に温まってきましたが、朝が待遠しい。(イワザキ)
[PR]
by shokukantaro | 2012-11-27 19:01 | 食環研登山部 | Comments(0)
赤城山も雪化粧でしょうか
日曜日、気圧配置は、ゆるい冬型のようでしたが、朝起きると北風が強い。
谷川岳はあきらめて二度寝。

11:45赤城山の鍋割山登山口。
e0050579_19462336.jpg


12:25尾根に出て火起山から谷川岳を遠望すると吹雪いているようでした。
e0050579_19464344.jpg


12:40鍋割山から前橋市、高崎市方面。
e0050579_19471573.jpg


13:20復路、火起山からアンテナの建つ地蔵岳をみると山頂がほんのり雪化粧。
e0050579_19473236.jpg


13:50登山口。
e0050579_19474694.jpg

このくらいの山歩きもやっぱり楽しい。(イワザキ)
[PR]
by shokukantaro | 2012-11-20 19:50 | 食環研登山部 | Comments(0)
ブリティッシュヒストリクス(英国車イベント)
2012/11/11(日)、初めて開催された「ブリティッシュヒストリクス」。
会場は、熊谷スポーツ公園。天候は英国車にふさわしい曇り空。

参加要項は、「1969年12月31日以前に英国内で生産された車両(モーターサイクル含む)。なおかつ本国仕様(自動車は右ハンドル)に限る。原則、自走可能な車両で仮ナンバー車は不可。英国文化を慕う人達の交流の場という事で、当日はイギリス製の小物を身に着けてご来場ください。」とのこと。
e0050579_1958648.jpg


イギリス大使館の後援だけあって、本場スコットランドのバグパイプ奏者ジェラルドミューヘッドさんの生演奏が、開会、お昼、閉会の3回公演ありました。
e0050579_1958212.jpg


古き良き英国車が好きな人達の交流会といった感じで、最後の景品ジャンケン大会も大人からお子様まで大盛況。初開催ということでしたが運営側も参加者も紳士的で、とても和やかなイベントでした。
(イワザキ)
[PR]
by shokukantaro | 2012-11-14 20:06 | 食環研自動車部 | Comments(0)
初冬の針ノ木岳 敗退
冬用の軽登山靴を新調したので唐松岳で足慣らしの予定で出発したのですが、
深夜に八方尾根に着いてみると黒菱平駐車場への林道は閉鎖されていて、八方尾根のゴンドラリフトも休止中。
下から登るつもりもないので、目標を針ノ木岳に変更し、扇沢の駐車場で3時間ほど仮眠。
明るくなって山を見上げると、針ノ木岳も爺ヶ岳も少し雪が降っているようでした。
針ノ木岳は初めて登るので心許ないですが、今回の目的は靴慣らしなので、行ける所まで行くことにしました。
e0050579_1935472.jpg


7:30トロリーバスのゲート脇から登山道に入ります。
e0050579_19345298.jpg


8:50 大沢小屋に到着。ここでの積雪量は5~10cmほど、先行者もなく、後から登ってくる気配もありません。
e0050579_1936253.jpg


篭川に出ると積雪は20cm程になりました。
9:45沢道の道標も少なく、雪も中途半端に積もっているので、ストックで足元を探りながら進むと行程はさらに遅れていきました。
e0050579_19364753.jpg


10:30積雪量はさらに増えて膝程度。この辺りで同じ単独行の登山者が合流。針ノ木小屋までは9月に下見済みとのこと。頼もしいかぎりです。
e0050579_19371174.jpg

私は日帰り予定で時間的に登頂はすでに断念していましたが、この人は針ノ木小屋で幕営すると言うので、私の目標も針ノ木小屋でカップラーメンに決定。
12:50マヤクボ沢の合流辺り。
e0050579_1937497.jpg

14:35針ノ木小屋に到着。あと少しで山頂なのですが・・
e0050579_19422040.jpg

カップラーメンを一気に食べて、お兄さんに感謝とお別れをして下山開始。
e0050579_19385250.jpg

16:00大沢小屋まであと少しまで来ましたが、あやしいガスが谷から湧いてきました。
e0050579_19392277.jpg

大沢小屋を少し過ぎた辺りでヘッドランプを点灯。
17:40扇沢の駐車場。もう完全に夜でした。

思い返すと、お兄さんにカップ麺を一口あげれば良かったかなと少し心残り。
(イワザキ)
[PR]
by shokukantaro | 2012-11-12 19:43 | 食環研登山部 | Comments(0)
クラシックカーフェスティバルin桐生
CCFin桐生を見学してきました。
今回は特別ゲストとして自動車雑誌「カーグラフィック(CG)」(二玄社)の創設者でもある小林彰太郎さんの講演会がありました。
手前の赤い車はトヨタ博物館秘蔵のシチタリア。
e0050579_19451645.jpg

私は、「世界の自動車(20)ライレー」(二玄社)に、小林彰太郎さんのサインをいただきました。

e0050579_19453096.jpg

今年も良い天気に恵まれ、出店のチャーシュー丼や焼きそばを美味しくいただいてから、のんびりと見学。
来週11/11は、熊谷スポーツ公園で開催される、こちら↓の見学の予定です。(イワザキ)
e0050579_19454127.jpg

[PR]
by shokukantaro | 2012-11-06 19:50 | 食環研自動車部 | Comments(0)