SHOKUKANKEN.Blog
食環境衛生研究所 の従業員が書き込むブログです

(株)食環境衛生研究所のブログです。
by shokukantaro
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 06月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
フォロー中のブログ
<   2017年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
リラックスしている
春休み帰省中のため、一人と一匹暮らしの おこのぎです。

ちっこい暴れ馬がいません。

トミナガはリラックスしている。
e0050579_20115284.jpg


トミナガはリラックスしている。
e0050579_20121827.jpg


あと数日で帰ってきますよ。

         おこのぎ
[PR]
by shokukantaro | 2017-03-31 18:09 | 職員の何でも日記 | Comments(0)
ノロウイルスの感染の微増が継続【第11週報告】

先週も、同様の報告をしましたが、追加報告です。
第8週から第10週にかけて感染性胃腸炎(ノロウイルス)の一医療機関当たりの患者数(全国平均)が増加していることをまとめましたが、第11週では5.8人と、前の週(5.59人)と比べて増加し、増加傾向が継続しています。
ノロウイルスは乾燥していて、気温が低いほど長生きして、感染者を増やしていきます。感染の発生自体は通年で起こっておりますので、引き続き警戒をしていきましょう。

食品・環境衛生営業部 K.K


[PR]
by shokukantaro | 2017-03-31 18:00 | 食品衛生 | Comments(0)
タイトルなし
e0050579_14461735.jpg

自宅の車庫を掃除していたらこのようなものが出てきました。少しなつかしいです。現在電装系が調子が悪くてエンジンがかかりませんが、近くの車屋さんに直接持っていけばバッテリーを充電してもらえ、復活します。私は現在クラッチレバーは握れますが、ウインカーとフットギヤが操作できません。早く回復して運転できたらいいなと思います。
高橋 ※この文章のほとんどを左手で打ちました。

[PR]
by shokukantaro | 2017-03-28 15:33 | Comments(0)
ノロウイルスの感染者微増(第8~10週報告)
国立感染症研究所がまとめた、ノロウイルスの感染状況(全国平均における一医療機関あたりの患者数)を見ますと、第8週では5.3人、第9週では5.4人、第10週では5.59人と、だんだん増えていることが分かります。誤差の範囲内かもしれませんが、例年、春先にかけて再び感染者が増えることがありますので、引き続き注意していきましょう。

以上、報告でした。

食品・環境衛生営業部 K.K
[PR]
by shokukantaro | 2017-03-24 20:49 | 食品衛生 | Comments(0)
花粉症、大丈夫ですか?
昨日、今日と東京へ行ってきたK.Kです。
何が一番つらかったかというと、やはり、花粉です。
ただ、群馬で感じる花粉と東京で感じる花粉とで、体の反応が異なる気がします。
具体的には、群馬では、主に目にくるため目が開けてられないのですが、東京では喉にきて、群馬以上に咳が止まりません。ただの気のせいなのか、以前話したように、PM2.5等の汚染物質が多いと花粉が壊されて非常に細かくなり、肺の気管の奥深くまで入ってしまうことが原因なのか、詳細は分かりません。
同じ花粉症の方は、ぜひ参考にしてください(だだし、感覚的なもので、明確な根拠はありません)。

食品・環境衛生営業部 K.K
[PR]
by shokukantaro | 2017-03-17 21:18 | Comments(0)
黒瀧山に寄り道

3月です。。

釣りが解禁になりましたので、渓流に遊びに行きましたが、

4時間粘って魚影ゼロ・釣果ゼロの状態でしたので、

帰り道にふらっと黒瀧山に寄ってみました。

e0050579_18343718.jpg

「馬の背」といわれる場所・・思いの外、断崖絶壁でした。。

e0050579_18364272.jpg

ここは道幅20cmとかですかね。。
e0050579_18405270.jpg

観音岩・・片道40分くらいで到着しました。展望良しです。


さて、このブログをご覧の皆様、上の写真を見てどう思われましたか?


怖いような、見たいような、引き込まれるような

感情を持ったあなたは・・

きっと「こちら側」の人間です。。一緒に山に行きましょう。。

[PR]
by shokukantaro | 2017-03-16 18:53 | 食環研登山部 | Comments(0)
インフルエンザとノロウイルスの感染者減も注意!
e0050579_20233579.jpg
ここ最近のウイルス関連の感染者数を見てみると、以外にも例年に比べて少ないことが分かりました。
国立感染症研究所の定点観測の結果を見ると、インフルエンザについては、今年第5週目までは過去10年で2番目の感染者の多さだったが、それ以降の第6週から第8週(最新)まで見ると、例年に比べるとそこまで多くはなくなっています。また、ノロウイルスに関しても(上に図を示す)、ここ最近は過去のデータと比べても低い水準を保っており、意外にも少ないことが分かると思います。しかし、立川の学校給食では多くの感染者を出したり、各地で集団感染の報告があり、油断できない状況です。例年のデータを見ると、12月前後が一番大きなピークではありますが、その後に小さなピークが何度かあることが、図を見るとわかると思います。これからの時期は、細菌による食中毒が増える時期ですが、手洗い等の共通する対策をしっかりと守り、明日は我が身にならないよう、注意をしていきましょう。
食品・環境衛生営業部 K.K

[PR]
by shokukantaro | 2017-03-10 20:24 | Comments(0)
乾物も衛生対策を!

東京で起きた1000人以上の食中毒を出した事件が、
まさかの海苔が原因だという、ショッキングな事実が判明しました。
海苔等の乾物では、細菌はほとんど繁殖せず、カビが問題となることはありますが、そういった微生物的な被害は少ないものだと考えられます。
しかし、今回の事件で問題となったノロウイルスは、乾燥に非常に強く、気温にもよりますが、1ヶ月以上にわたって生き残ることができます。ノロウイルスのようなウイルスは、正確に言うと生きているわけではないので、水や栄養成分は必要ありません。むしろ、ウイルスを分解するような細菌が少ない乾物は、今から考えてみると、非常に快適な環境だと思います。
そのため、乾物を取り扱っているような会社は加熱工程が入る食品の会社よりも、なお一層ノロウイルス対策は肝心となります。
対策が十分でない会社は、今回を機に、体調管理や手洗いの徹底、社員教育等、徹底的に見直していきましょう。

食品・環境衛生営業部 K・K


[PR]
by shokukantaro | 2017-03-03 21:27 | 食品衛生 | Comments(0)