SHOKUKANKEN.Blog
食環境衛生研究所 の従業員が書き込むブログです

(株)食環境衛生研究所のブログです。
by shokukantaro
カテゴリ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 06月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
フォロー中のブログ
「糖分・保存料・合成着色料ゼロ」は健康に良い?「保存料編」
今回は「保存料」について。
具体的な物質名としてはハムや清涼飲料等に入っている
「ソルビン酸」や「安息香酸ナトリウム」が有名どころでしょうか?
食品を通常に比べ長時間、変質や腐敗なく、一定の品質を維持して
保存しておく為に添加する食品添加物が、「保存料」です。

変質や腐敗・・その一番の要因は、細菌の繁殖にあります。
最近の某焼肉店での食中毒の問題然り、
細菌の汚染というのは目に見えないだけに、
一般の人にとって防ぐのが難しい食害です。

「保存料」というのは大体がこういった細菌の繁殖を抑える作用を持ち、
細菌による食中毒を簡単に防ぐことができるという大きなメリットがあります。

現在はひと昔に比べ、包装だとか冷凍、輸送の技術が進歩したから、
「「保存料」なんて実は必要ないのではないのか?」と思われがちですが、
家庭で真空パックの袋を開けてから、細菌に汚染されることも多々あり、
そういった菌もある程度までは抑制してくれるところが、
「保存料」の良いところです。
特に夏場のお弁当や、飲みかけの飲料など、常温で放置してしまうと、
すぐに細菌が繁殖し、免疫力の落ちた老人や子供にとっては、
食中毒を発症する危険がありますので、
そういった意味で、保存料を使うことの意味はあると考えています。

そして、必ず存在するデメリット。
やはり「合成甘味料」と同様、健康リスクの問題が存在します。
具体的には「安息香酸ナトリウム」について、
ある着色料との組み合わせで多動性障害(落ち付きが無くなる)の
リスクが上昇する事や、発ガン性等、多数の報告があります。
しかし、一応ことわっておきますが、
上記の報告も保存料を食べたから必ず多動性障害になるというわけではなく、
急性毒性があるわけではありませんので、心配しすぎる必要はありません。

やはり一長一短なのですね。

では、結局どういった商品を選べばよいのか?
という疑問が生まれてくると思います。

私が考える端的な答えは、
火を通すもの、短期間で消費し切ってしまう食品については、
できるだけ無添加をオススメします。
調理なして、蓋を開けてから消費し切るまで少し時間が空いてしまうような
食品については「保存料」の入ったものを選ぶと良いと思います。
前者はわかりやすいですが、後者についての身近な具体例としては、
特に「鮭フレーク」であるとか「ジャム」の瓶、
仮にこういった商品で無添加を選ぶのであれば
どうしても1回では使い切らないので、保存期間が長くなり、
その間に菌が繁殖する恐れがあることを考慮に入れるべきです。

全て無添加の商品を選んで、消費し切らず、その後の安全性が怪しい食材は
思い切って捨ててしまうというのも、健康のことを第一に考えるならば、
一番良い方法です。

我が家のように、あまり冷蔵庫の入れ替わりが活発でなく、
数年前の「鮭フレーク」が冷蔵庫から発掘されるような家庭環境であれば、
ある程度は「保存料」という人類の英知に頼って生活しても
良いのではないかと・・・
(もちろん上記の「鮭フレーク」は捨てましたよ・・カッチカチでしたし・・汗)


「保存料」についての正しい知識と、食品ごとの「使用・不使用」の選択が、
便利で快適な食習慣を形成するのだと思います。

( Analyst 20 )

放射性物質分析 食品検査食品分析残留農薬残留抗生物質

株式会社食環境衛生研究所
[PR]
by shokukantaro | 2011-07-03 10:12 | ラボラトリ | Comments(0)
<< 所長の週末料理日記 三十六人衆 >>