SHOKUKANKEN.Blog
食環境衛生研究所 の従業員が書き込むブログです

(株)食環境衛生研究所のブログです。
by shokukantaro
カテゴリ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 06月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
フォロー中のブログ
悪名高い農薬:DDT
体験した人もかなり少なくなったとは思いますが、日本では終戦後、GHQの統治のもとで発疹チフス(シラミが媒介)の撲滅のため、身体に真っ白になるほど農薬(殺虫剤)をかけてまわられました。その農薬がDDTです。この時期に残留農薬検査を行えば、多くのものから検出されたと思われます。何せ日本中が白く覆われるほどまかれたのですから・・・。しかし、そのおかげで、かなりの規模で死者が出ると予想された発疹チフスの予防に成功したことから、当時のDDTは大変重要な存在であったことが解ります。そんな重要であったDDTも日本国内では1960年代後半から70年代前半に法的に禁止農薬となりました。最近になってDDTの名を耳にしたのは、橋本真也選手や天竜源一郎選手の決め技(プロレス技)くらいです。どうやら、このDDTは農薬のDDTに因んでいるそうです。
話は前後しますが、このDDTはミュラーという化学者によって発明されました。ミュラーはこの功績によりノーベル賞を受賞しています。日本で活躍したように、世界でもこのDDTはマラリア予防で活躍しています。安価で大量に製造できる面を活かし、アメリカでは森林保護を目的として大量に使用しました。地球規模では使用開始から30年の間に数百万トンもの量が散布されたというデータもあります。当然のことながら、これだけの量がまかれれば害が出ないはずがありません。それを引き合いに出した本が、瞬く間にベストセラーになり、先進国を中心に使用が禁止されました。
このDDTは、特徴として、極めて毒性の強いものではありません。現在、使用が認められている有機リン系殺虫剤には、DDTの毒性とほとんど同じものが存在します。効果の持続は長い農薬で、マラリアの予防には、そのことが功を成しているものと思われます。
先にも述べたように日本では、禁止農薬の一つですから、弊社で国産○○を残留農薬検査しても検出されたことはありません。(海外では使用されているので、外国産○○を残留農薬検査すれば検出される可能性もあります。)
DDTの悪名の高さから、とんでもなく毒性の強い農薬を想像する人も多いと思いますが、実は、その長所(安価、大量生産が可能、効果の持続が長い)から、大量にまいてしまったことが原因とであると思います。適切に使用していれば、これほどまでの悪名にはならなかったことでしょう。但し、環境分解性能は悪いので、使用の量に関わらず、禁止農薬になっていたとは思いますが・・・
[PR]
by shokukantaro | 2011-11-28 13:00 | 食品衛生 | Comments(0)
<< ヒスタミンのお話 その2 妙義山の紅葉は見頃です >>