SHOKUKANKEN.Blog
食環境衛生研究所 の従業員が書き込むブログです

(株)食環境衛生研究所のブログです。
by shokukantaro
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 06月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
フォロー中のブログ
カテゴリ:食品衛生( 167 )
【アフラトキシン】輸入品に対する命令検査実施について
対象食品:パレスチナ(ヨルダン川西岸及びガザ)産アーモンド加工品
(アーモンドを30%以上含有するものに限る。)
検査項目:アフラトキシン
経緯:輸入時の自主検査の結果、パレスチナ(ヨルダン川西岸及びガザ)産
アーモンドを原料として製造されたアーモンド加工品からアフラトキシンを
検出したことから、検査命令を実施するもの。

引用:厚生労働省(https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000166431_00007.html)

弊社では、アフラトキシンの検査が可能です。、
(URL:http://www.shokukanken.com/kensa/16&fm=price)
お気に留めいただければ幸いです。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

                                 mts

[PR]
by shokukantaro | 2018-12-13 07:50 | 食品衛生 | Comments(0)
東京の摩天楼にて ~東京オフィス~
(ハロウィンの仮装は、「男梅」に…なりたかったフィス長です。)


今日は、丸の内で打ち合わせ。

並列で連なるビル群を見ると、ニューヨークの摩天楼のようです。

いざ!
e0050579_18400638.jpg

[PR]
by shokukantaro | 2018-11-28 18:40 | 食品衛生 | Comments(0)
日本発の食品規格 国際認証を取得 について

食品安全の規格を評価する国際組織である世界食品安全イニシアチブ(GFSI)から、

日本の民間団体が運営し、農場を認証するアジア版農業生産工程管理(ASIAGAP)と、

食品業者の工場を認証するJFS-Cが承認を受けました。日本規格がGFSI承認を得たのは初めてです。

海外では、GFSI承認の取得を重視する大手小売りが多いことから、日本の食品関連企業が今後海外での

展開を行うに際し、重要な規格となるものと思われます。

引用:(URLhttps://www.jfsm.or.jp/information/2018/181116_000244.php

弊社は、食の川上から川下まで、衛生のトータル的なコンサルティングを行っております。

URLhttps://www.shokukanken.com/consul/

お気に留めいただければ幸いです。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。


mts


[PR]
by shokukantaro | 2018-11-20 07:52 | 食品衛生 | Comments(0)
ネパール産とうもろこしの輸入品に対する命令検査実施について

ネパール産とうもろこしの輸入品に対する命令検査実施について、

情報開示がありましたのでご連絡をさせていただきます。

対象食品:ネパール産とうもろこし(甘味種を除く。)及びその加工品(とうもろこ

しを5%以上含有するものに限る。)

検査項目:アフラトキシン

経緯: 検疫所におけるモニタリング検査の結果、ネパール産とうもろこしを原料と

して製造されたとうもろこし加工品からアフラトキシンを検出したことから、検査命

令を実施するもの。

※情報公表日:1025日 発信元:厚生労働省

https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000166431_00005.html

弊社では、アフラトキシンの検査が可能です。、

URLhttp://www.shokukanken.com/kensa/16&fm=price

お気に留めいただければ幸いです。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。


mts


[PR]
by shokukantaro | 2018-10-26 11:23 | 食品衛生 | Comments(0)
輸入品に対する命令検査実施について

輸入品に対する命令検査実施について、情報開示がありましたのでご連絡をさせていただきます。

対象食品:アルゼンチン産チアシード及びその加工品(チアシードを30%以上含有するものに限る。)

検査項目:アフラトキシン

経緯:輸入時の自主検査の結果、アルゼンチン産生鮮チアシードからアフラトキシンを検出したことから、検査命令を実施するもの。

※情報公表日:1012日 発信元:厚生労働省(https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000210484_00012.html

弊社では、アフラトキシンの検査が可能です。、

URLhttp://www.shokukanken.com/kensa/16&fm=price

お気に留めいただければ幸いです。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。


mts


[PR]
by shokukantaro | 2018-10-15 07:58 | 食品衛生 | Comments(0)
【農水省より】アフリカ豚コレラへの注意喚起 について

【農水省より】アフリカ豚コレラへの注意喚起について、情報開示がありましたのでご連絡をさせていただきます。

今月3日、中国の養豚場にてアフリカ豚コレラが発生したことを受け、農水省より注意喚起情報が開示されました。アフリカ豚コレラは人には感染しないが、豚やイノシシにウイルスが感染して起こり、極めて致死率が高いとのことです。

アフリカやロシアでもすでに確認されていますが、有効なワクチンや治療法はないとのこと。土産として持ち込まれる、豚まんや餃子、シューマイなどにもウイルスが残っている可能性があるとのことで、空港では肉製品を持ち込まないよう呼びかけるなど、水際対策が急務となっています。

引用:http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/asf.html

弊社では、加工食品だけでなく農畜産段階からのご相談が可能ですので、

URLhttp://www.shokukanken.com/consul/

お気に留めいただければ幸いです。


matsu


[PR]
by shokukantaro | 2018-08-15 16:13 | 食品衛生 | Comments(0)
北欧で海水温度上昇によるビブリオ菌発生 について

NORWAY TODAYによると、ノルウェーやスウェーデンなどの北欧地域で、今年の猛暑により海水温度が上昇し、海中に腸炎ビブリオ菌が増えているそうです。海水温度が24度と例年より約4度も高い計算になります。

その影響は魚介類にも出ているとのことで、ノルウェーの食品安全局(NFSA)は、魚介類を生で食べないよう警告しています。

日本国内も平均気温が年々上がっているため、このような問題は今後の課題となるでしょう。

引用:http://norwaytoday.info/news/raw-oysters-oslo-fjord-avoid/

弊社では、腸炎ビブリオ菌の検査が可能ですので、

URLhttp://www.shokukanken.com/kensa/9&fm=price

お気に留めいただければ幸いです。

※検体によって、必要量は変わりますので、ご依頼ご検討の際は予めご相談ください。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。


mats


[PR]
by shokukantaro | 2018-08-10 10:40 | 食品衛生 | Comments(0)
マレーシアからの家禽肉等の一時輸入停止措置 について

農水省は、マレーシアからの家禽肉等の一時輸入停止措置を87日付けで講じたことを発表しました。

マレーシアの家禽農場で、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1亜型)の発生が確認されたため、日本への高病原性鳥インフルエンザの侵入防止をさらに強化するために、マレーシアからの家禽肉等の輸入を一時停止したとのこと。

引用:http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/180807.html

弊社では、抗生物質の検査が可能ですので、

URLhttp://www.shokukanken.com/kensa/18&fm=price

お気に留めいただければ幸いです。

※検体によって、必要量は変わりますので、ご依頼ご検討の際は予めご相談ください。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。


mats


[PR]
by shokukantaro | 2018-08-10 10:39 | 食品衛生 | Comments(0)
アルゴンが添加物に指定 について

アルゴンが添加物に指定 について、

情報開示がありましたのでご連絡をさせていただきます。

今月2日、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会添加物部会は、

希ガス元素「アルゴン」について、食品衛生法に基づく食品

添加物への指定を認める報告書をまとめ、年内にも使用可能

になる見通しとのことです。

アルゴンは酸化を防ぎ、味や香りが損なわれることを抑える

効果があり、欧米では原則、全ての食品への使用が認められています。

引用:https://www.jiji.com/jc/article?k=2018080201140&g=soc

弊社では、食品添加物の検査が可能ですので、

URLhttp://www.shokukanken.com/search/InspectionItemSearch&fw=その他&pn=2

お気に留めいただければ幸いです。

※検体によって、必要量は変わりますので、ご依頼ご検討の際は予めご相談ください。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。


mats


[PR]
by shokukantaro | 2018-08-03 08:55 | 食品衛生 | Comments(0)
マラカイトグリーン試験法改正について
昨年11月24日付けでマラカイトグリーン試験法の改正がありました。
改正理由としては一部の食品において回収率が低いという事が分かっており試験法の開発が進められていました。
内容としては主に抽出・精製部分での変更がされており、抽出では光分解されやすいマラカイトグリーンを分解しにくい条件で脂質・タンパク質の多い食品からも抽出が出来る条件へと変更されました。
精製では脱脂の部分において固相カラムを追加し、環境負荷の高いジクロロメタンを用いた脱脂精製を除いています。

マラカイトグリーンとは主に観賞魚等の殺菌剤等で使用されていますが日本では養殖魚への使用は禁止されており、またマラカイトグリーンが検出された食品の流通もしては行けない事になっています。
毒性については発がん性の疑いが有る物質となっています。


新しい分析法
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11130500-Shokuhinanzenbu/0000185571.pdf



放射性物質分析食品検査残留農薬残留抗生物質株式会社 食環境衛生研究所
[PR]
by shokukantaro | 2018-01-29 19:58 | 食品衛生 | Comments(0)